目の下のたるみ取りとその応用~プルプルお肌で理想ナイスバディ~

Beautiful Girl

進化するバスト手術

バストアップ方法の変化について

一昔前までの日本人女性は、はっきり言って貧乳でした。アジア人の食習慣を考えると、そんなに豊満な胸にはならないのが当然です。周りにいる人も皆貧乳なので、わざわざ胸を大きくするための手術を受けようと考える人はほとんどいませんでした。でも、様々なメディアを通して外国人女性の姿を目にする機会が多くなるにつれ、欧米人のような豊かなバストになりたいと希望する人が増えるようになりました。そのため、日本国内で豊胸手術が行われるようになった当初は、数カップ以上のバストアップを希望する人が多くなっていました。結果的に人工乳腺バッグ挿入法が利用されるケースが大半を占めていたのですが、近年になって、人工乳腺バッグ挿入法ではなくヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が増えてきました。なぜヒアルロン酸注入法を選ぶ人が多くなったのかというと、昔よりも日本人女性の体格が良くなったため、1カップ程度のバストアップで十分な効果が得られる人が増えたという理由をあげることができます。

ヒアルロン酸注入法の特徴について

最近の傾向として、単に胸を大きくするのではなく、美しいバストラインを手に入れるために豊胸手術を受ける人が増えた点を指摘することができます。たとえば出産や授乳のためにバストが垂れてしまう人が多いですが、垂れた胸をバストアップさせたいという希望を持っている人には、人工乳腺バッグ挿入法よりもヒアルロン酸注入法の方が適しています。膨らみを補いたい部位に少量ずつ様子を見ながらヒアルロン酸注入することができますので、理想のバストラインを手に入れることができます。また、人工乳腺バッグ挿入法に比べると、ずっと安い料金で治療を受けられるというメリットがあります。体内に注入されたヒアルロン酸は概ね2〜3年で吸収されてしまいますが、定期的にヒアルロン酸注入を行うようにすれば、バストアップ効果を長く保ち続けることができるようになります。